体の中から肌を育てるインナースキンケアの重要性も知っていてほしい

20代以下

皮膚も内蔵と同様に体の臓器の一部です

美肌を願う女性を取り巻く環境は、過酷です。

熱さと紫外線の夏から、乾燥ダメージの秋へ、続くマスク生活・・・仕事と日々のバランスをとることも大変です。

「老けた気がします」「なんかシミが増えたかも・・・」と落ち込む女性も多いのではないでしょうか。

どんなきれいな人でも、肌のゆらぎや変化はあり、そして年はとります。

「若返る」よりも「老けない」よりも、慈しんで手をかけた自分の肌が、ダメージを跳ね返す元気に満ちていること、「きょう、肌いい感じだな」と思えて、気持ちが上向く日が続くこと。

それが今、とっても大切な気がします。

多くの人は、皮膚は臓器と同様に体の一部だという感覚は、あまりないのではないでしょうか。

体の状態が真っ先に現れるのは、肌です。肌の状態をチェックすることで体全体の調子がわかるほどです。

肌に直接使用する化粧品を、どんな高価な化粧品にしても、最新の成分の物が入っているものに代えても、体の調子が悪いと何をやっても無駄です。

体が欲しがっているもの、不足しているものをちゃんと見極めて下さい。

不足しているものといえば、栄養なのかもしれませんし、ひょっとして休息なのかもしれません。

逆に動物性の油などを過剰に摂取しているからかもしれません。

体調のバランスを乱していると、お肌の状態もなかなか改善しないものです。

毎日同じルーティーンで生活をしていると、いったい何が正しくて、何が間違っているのかわかりません。

一度普段の生活を再チェックしてみるのもいいと思います。

インナースキンケアで大切なこと

例えば、全身に水が不足してると、当然、皮膚に届けられる水も不足します。肌がカサカサになってきます。肌に水分が足りているかどうかのチェック方法のひとつとして、肌をつまんでみると良いと思います。

水分が不足していると、肌をつまんだ後、シワが元に戻るのが遅くなります。この方法により皮膚のハリが不足、つまり水分が足りないことがわかります。

もし、シワがなかなか戻ってこない場合は、脱水症状の可能性があるので、軽度であれば、スポーツドリンクなどのミネラルが入った飲み物を飲むと良いでしょう。口から飲んだ水分は、すぐに吸収されて全身に行きわたります。

肌に水分がないからといって、水につけたり、お風呂に入っても皮膚が水を吸って回復することはありません。

このことを例にとってもインナースキンケアの大切さと重要性が分かるのではないでしょうか。

体の外側からケアすることと、体の内側からケアすることは、目的は同じでも、効果が全く変わってくるのです。

皮膚は、目で見たり手で触ったりすることができるので、外から与えるケアが最適かつ、即効性のある効果が期待できると思いがちです。

ところが皮膚や角質層のずっと奥にある真皮や表皮にまで働きかけるケアは、自宅で毎日行うようなケアでは、ほとんどアプローチが不可能なのです。

自分でインナースキンケアを使用とおもったら、まずはきちんとした食事を摂ることです。

食事は作るのが面倒なので、いつも外食かコンビニ弁当で済ませているという人は、少し考え直した方が良いと思いいます。

いくら良い化粧品やスキンケアを使っていたとしても、外食やコンビニ弁当だけでは、肌は良くなりません。

「外食やコンビニ弁当でも野菜をたくさん食べている」という人もいると思いますが、それは一瞬の事で、長い目で見れば、絶対に自分の好きなものを食べる傾向にあると思います。

わざわざ自由に選ぶことができるメニューの中から、お金を出して嫌いなものを購入する人は、いないと思います。

そんな人におすすめなのが、宅配弁当です。

冷凍で送られてくる宅配弁当は、自分の好きなものばかりを注文することはできません。

しっかりと管理栄養士がカロリーを計算して、バランスの良い食事を提供してくれます。

自分の好きなものばかりではなく、外食やコンビニ弁当では、「絶対に食べない」おかずなども送られてきます。

こういった食事をきっちりすることで、体の調子がぐんぐんよくなり、肌にもツヤ・ハリが出てくるようになるのです。

健康な体を支えて維持するのは、やっぱり根本は、毎日の食事なんです。

特に肌細胞を活性化させターンオーバーを正常な状態に保つためにのビタミン類は、美肌のためにもきちんと摂りたい栄養素です。

肌にとって良い栄養素
・ビタミンA
・ビタミンB群
・ビタミンC
・ビタミンE
・パントテン酸
・発酵食品

これらが含まれる食材をバランスよく食べることで、肌の調子もアップしてきます
まだ腸内環境を整えてくれる発酵食品などもインナースキンケアの強い味方になってくれます。

肌について外側のケアは、人に聞いたり教えてもらったり、自分に合う化粧品やスキンケアを使うことで、肌を変えることができますが、インナーケアに関しては、誰にも手助けしてもらえないので、1人1人の自覚と行動にかかっています。

体の内側からのインナースキンケアこそ、肌のためにできる究極のスキンケアのひとつなのです。

健康で綺麗な肌は、表面的なケアからだけではうまれません。体の内側から育てるケア、インナースキンケアをしなければ、イキイキとした肌にはならないのです。

これらの栄養素をバランスよく摂ることができない人は、サプリメントもおすすめです。

「美」にこだわったサプリメントはこちら、リポビタンDでおなじみの大正製薬が発売してるサプリメント「アルフェグレイス リフターナル」をおすすめします。

水が無くてもサッと飲むことができるので、とても手軽に飲むことができます。

また女性に不足がちな鉄分も含まれているので、貧血気味のひとにも是非おすすめしたいサプリメントです。

 

サプリメントを上手に使って、ヒアルロン酸やコラーゲンを肌に与えましょう。

サプリメントを使って、ヒアルロン酸やコラーゲンを補給する人が増えてきています。

従来のスキンケアだけでは、肌の奥の真皮層へのヒアルロン酸やコラーゲンの補給が十分に行われないためです。

お肌に対して、コラーゲンやヒアルロン酸を補給することで、どのような変化があるのでしょう。

肌の表面には、角質層があり、その奥には真皮層があります。このふたつの層は機能が違います。

奥深くにある真皮層で、コラーゲンやヒアルロン酸は使われます。

真皮層にヒアルロン酸があることで、肌は十分に水分を含み、潤いを維持することができます。

刺すヒアルロン酸などでも肌にヒアルロン酸を与えることもできますが、一時的なもので、長くヒアルロン酸を維持するには、やはり体の中から、ヒアルロン酸やコラーゲンを与える方が効率が良いと共います。

ヒアルロン酸やコラーゲンと同時にセラミドも取り入れることで、より水分保持力が上がります。

水分を含んだコラーゲンが、網目のように皮膚の中を行きわたっているセラミドの間に収まっていることで、肌は乾燥することなく、水分を有したままの状態でいれるのです。

肌の細胞と細胞の間にある弾力のあるコラーゲンは、肌をモチモチさせ、シワやたるみがない状態にしてくれます。

コラーゲンが少なくなると、肌からハリがなくなり、重力に従って、垂れてくるようになります。

加齢などで、コラーゲンやヒアルロン酸が不足すると、肌トラブルやシワが多くなってくるのは、そのためなのです。

まだまだ肌にハリがあるうちに、体の内部から、ヒアルロン酸やコラーゲンを補給してあげましょう。

おすすめのサプリメントは、次の3つのサプリメントをおすすめします。

■【初めての方は1980円】大正製薬のコラーゲンサプリ『アルフェグレイス リフターナル

 

■【初めての方は1980円】大正製薬の保湿サプリ『アルフェグレイス モイスターナル

 

■美白にこだわるなら《初回2980円定期》飲む太陽ケア【マスターホワイト】

販売士サクラックの雑記帳
美容液をたくさんレビューしています
販売士サクラックの雑記帳
美容液をたくさんレビューしています
タイトルとURLをコピーしました