保湿のため手で化粧水をつけるのは正しいのか

20代以下

化粧水をつけるときには、コットンの方が良いのでしょうか

以前、ある化粧品会社の人が画用紙の上に水を垂らして染み込む実験をしていたのを見たことがあります。

画用紙を肌に見立てて、コットンで付けた場合の方が手でつけるよりもムラがないことを証明していたのです。

でも、騙されてはいけません。肌と画用紙では、全く違うのです。

画用紙は、水が染み込みますが、肌は、ほとんど染み込みません。

そのため、肌の上でコットンを使うと、水分は肌に染み込むというよりは、コットンに染み込んでいきます。

肌の上で水分は、なかなか染み込まずに伸ばすことができるので、コットンよりは、指でつける方が、良く伸びて肌全体に行きわたるのです。

確かに、画用紙で実験が成功するのであれば、動物実験やその他の皮膚の実験もすべて画用紙で行うことでOKとなってしまいます。

というわけで、化粧水は、コットンよりも手で自分の皮膚を確かめながら塗る方が良いと思われます。

化粧水を叩き込んでも肌が痛むだけなので、コットンでなく手だ押さえつける方が良いと思います。

女性にとって化粧水は、「どんな時も化粧水を欠かさない」人が多いと思います。

・コットンで100回以上パッティングするとよい
・化粧水は洗顔後すぐにつけないといけない
・化粧水は安物でいいのでたっぷりとつけてあげる

などといわれることもあります。

コットンで100回以上のパッティングは、肌との摩擦や刺激を与えるので、やめておいた方が良いですね。黒ずみの原因となります。

肌の水分は、肌の表面からも補給はできますが、肌の水分はもともとは化粧水ではありません。体の中の水が表面に上がってきて、肌に浸透しているのです。

ミカンを想像してみてください。ミカンの皮には水分が多く含まれていますが、あの水分は皮の表面から取り入れたものではなく、中身から取り入れたものなのです。

肌もそれと同じなんです。

大切なことは、中からしみ出してきた水分をいかに肌がキープできるかが乾燥に関係するのです。

キーポイントはセラミドがしっかりとしているかどうかなのです。

セラミドがしっかりとしていないにも関わらず、いくら肌に水分を補給してあげてもすぐに蒸発して潤いを保つことはできません。

そもそも化粧水は、中身のうちの9割以上が水とアルコールが占めることが多いのです。

残りの数パーセントに保湿や美白、美肌の成分が含まれるようになります。水に混ざるものだけを成分として加えるために、セラミドなども配合しにくいのですが、つけた時の潤ったしっとり感は格別ですね。

化粧水をつけるとさっぱりし、気分もすっきりしますが化粧水においては、栄養面に関してあまり効果を期待しない方が良いと思います。

肌が弱った時には、化粧水ではなく、最低限の成分を含んだ乳液やクリームだけにするのも賢い選択のひとつなのです。

基礎化粧品は、肌に合うものを見つけるとあまり変えない方がいい

基礎化粧品は、肌に合うものが見つかったらあまりコロコロと変えない方が良いのです。

いうまでもなく肌の基本となるのが基礎化粧品です。肌へ基本の栄養を与えることになります。肌にとっては、毎日同じものが安定して送られてくるので一種の「癒し」であるのです。
肌もいつもと同じ基礎化粧品を与えてもらえることで、なごめているのです。

洗顔料でも化粧水でも使い切るたびに変える人もいますが、一番最適だと思われた化粧品を見つけることができたら、しばらくは使い続けてください。

それまでは、いろんなサンプルなどで、自分い合う化粧品を使ってみて比較することも重要だと思います。

基礎化粧品は、汚れを落として、肌に潤いを与えてあげることが一番の目的です。

そのことだけを選ぶ基準にすることで、その後のスキンケア商品選びにぶれが出なくなります。

化粧水にもさまざまな機能や成分を持たせたものも多く販売されていますが、あれもこれもとなってしまっては、なかなか自分に合う化粧水を見つけることができなくなります。

それよりも、化粧水は、「水分補給のみ」と決めて、選択すると、その後の美容液やクリームの選択肢も広がるし、効果も出やすくなり、肌の管理もしやすくなると思います。

一方スペシャルケア用の美容液は、肌にとっては特別なご褒美みたいな物です。

こちらは、時々違った美容液に変えてあげることも問題ないと思います。

季節に応じて変えることも大切ですね。冬なら保湿を中心とした美容液に、また、夏ならば美白成分が含まれた美容液にするのも良いと思います。

冬ならばオールインワンクリームを使う事だってよいでしょう。

その中には、自分に合わないものもあるかもしれませんが、もし肌が荒れてしまったら、いつもの基礎化粧品だけにすれば、通常の肌に戻ることが保証されています。

そのためにも基礎化粧品は、あまり変えない方が良いのです。

毎日の基本だからこそ、ある程度は上質なものを選ぶことも大切ですね。

 

販売士サクラックの雑記帳
美容液をたくさんレビューしています
販売士サクラックの雑記帳
美容液をたくさんレビューしています
タイトルとURLをコピーしました