【高校生でもできる】週末に肌断食で、お肌プルプル効果に期待

20代以下

高校生は学校、社会人は会社がお休みの週末におすすめ『肌断食』

コロナ禍で、今一番必要なスキンケアってどのようなスキンケアなのでしょう。

マスク生活が必須になり擦れや蒸れなどマスクの下は、肌にとって過酷な環境です。

とにかくそんな過酷な環境に負けないような肌作りが必要です。

リラックスモードとすっぴんでいる時間が増えたことで、スキンケアはどんどんシンプルになっていきます。

エイジングケアや美肌ケアで完璧な肌を目指すより抗炎症やバリア機能の強化など、乾燥気味でゆらぎ安い肌をいたわるケアにシフトチェンジです。

高価で贅沢な成分がたくさん含まれた美容液を使うよりも、シンプルで心地良いものを使う方が良いことに気が付きました。

肌が敏感になっているからこそ、潤いだけは忘れずに、それ以外は、シンプルが肌にとってはうれしい気がします。

シンプルだからこそ、炎症もなく、肌を落ち着かせることができます。

攻めのケアを少し休み、肌のバリア機能を高める期間にあてます。

身体の疲れやストレスも肌に影響するので、お風呂にゆっくり入ってリラックスしたりして、ストレスはできるだけためないようにしましょう。

肌断食に年代や世代は関係ありません。

高校生から年配の方まで、いつでも肌断食をすることで、肌本来が持っている力を引き出すことができます。

オイリードライ肌の悩みが解消!!肌本来の保湿力がよみがえり、化粧ののりがグーンとアップします。

肌断食後は、通常のスキンケアの効果も倍増します。

しっかりとお手入れしているのにこのような肌の症状はありませんか
・皮脂が多いにもかかわらず、かさついている
・肌のきめが乱れている
・肌が乾燥して粉をふく
・肌が突っ張る

このような肌になる原因のひとつは、お手入れのし過ぎなのです。だから肌断食をした方が良いのです。

肌断食とは・・・
肌断食とは、食事を一時的に断つ断食のように、スキンケアをしばらく中断して肌を休めることです。
週末のたった3日間でも肌質が改善します。
「簡単なのに肌がよみがえった!!」と驚きの口コミも数多くあります。
なんとく肌の調子が悪い、肌がゆらいで乾燥が気になるという時は、バリア機能も低下しています。肌には、普段のスキンケアも負担にあることがあります。そんな時は、化粧水+クリームなどアイテムを絞ったシンプルケアにチェンジしましょう。スキンケアのステップを減らことで、肌への負担を軽減しながら、バリア機能の回復を待ちましょう。

あなたの肌を確実に変えるための肌断食法を教えます。

肌の調子が悪い時には、肌断食で肌本来の力がよみがえります。

毎日欠かさずスキンケアをしているにもかかわらず肌の調子がイマイチ。そんな人にこそぜひ知ってほしいのが肌断食なんです。

食事を一時的に断つ断食のように、スキンケアを一時的に「中断」する美肌方法です。

今では医師や美容家までもがその効果に注目しています。

なぜ肌断食は有効なのでしょう

皆さんは、日頃の夜のスキンケアは、どのようにしていますか。クレンジングをして、洗顔料で洗顔をして・・・・ちょっと待ってください、実は、この時点で肌本来の保湿成分は奪われてしまっています。

美肌の専門家が言うには、「強い洗浄成分の界面活性剤に2回も肌がさらされることになるので、いくら後から化粧水や美容液をつけても補いきれるものではない」と指摘しています。

こうして、保湿成分が奪われると、それを補うように皮脂が過剰に分泌され、くすんでベタベタになるのです。

こんなベタベタな肌にクリームなどを厚塗りすると逆効果になります。さらに本来ならば、はがれ落ちるべき古い角質が肌にはりついたままになり、角質のターンオーバーを邪魔します。また化粧品成分やお手入れの摩擦で肌に炎症を起こす人もいます。

■こんなトラブルに効果を発揮するのが「肌断食」です。
ダブル洗顔をやめて、スキンケア製品を全く使わない日を設定します。たったこれだけの美肌法です。でもその効果は確かなのです。
「お肌の休息日」は肝斑に有効です。
メイクをしない日の何が肌にいいのかというと、実は、「肌を触らない」ことなのです。特に摩擦で悪化しやすい肝斑の予防・改善に効果的です。気になる人は、意識的に取り入れてください。
肌が弱っているなと感じた時は、香料や着色料、アルコールといった肌に刺激になるものを排除した保湿ケアを行いましょう。最低限の保湿ケアで潤いをたっぷり届ける、「塗る肌断食」で肌を土台から立て直してください。たくさんのコスメを使っているにもかかわらず、乾燥肌で悩んでいる人は、一度プロセスを最小限にし1アイテムずつを丁寧に使ってみることを提案します。

3日間の週末肌断食プログラム

①~④を3日間繰り返すだけです。

①【夜】
石鹸の泡で優しくメイクを落とします。アイメイクを落とし、顔を濡らして、石鹸を良く泡立ててやさしく顔になじませ、ぬるま湯ですすぎます。メイクが残るようなら部分的だけもう一度洗顔します。クレンジングを使ってもいいですが、ダブル洗顔(洗顔料との2度洗い)は、だめです。

②いつものお手入れはストップします。
洗顔後は、化粧水、乳液、美容液などのお手入れはしません。極度に乾燥したり浮いた角質があるところだけ、ワセリンや手持ちのクリーム(なければ乳液)を部分的に薄く塗ります。

③【翌朝】
ぬるま湯で洗顔
夜のうちに回復した保湿成分を奪わないよう、ぬるま湯だけでやさしく洗います。ワセリンを付けた部分もぬるま湯でやさしく洗い流します。洗顔後に「すっぴん肌状態」をチェックしましょう。

ぬるま湯洗顔後にツッパリ感が強くなこるようでしたら、いつもの化粧水と乳液を少なめに使ってください。

④メイクは薄めに
肌断食日はノーメークで過ごしたいものです。メイクの必要があれば、薄目を心がけましょう。日焼け止めを塗る場合も、落とすのに専用のリムーバーやクレンジングがいる強力なものは避けるようにしてください。

週末肌断食で、毛穴の黒ずみが消えた!
粉吹き状態の肌が潤ってきた!

でもたった3日間の肌断食でどうして?

本来肌には、自力で潤い、再生する能力があるのです。この妨げになっているのが、「洗いすぎ」「つけすぎ」のふたつなのです。

これらをやめれば、肌は本来の能力を発揮してくれます。

確かに、クレンジングをして洗顔すると汚れがさっぱり落ちて気持ちがいいのですが、これは洗いすぎです。

洗顔後にまだ少し皮脂が残っているかなと感じる程度がちょうどよいのです。

皮脂は落とし過ぎると補おうとしてますます分泌され、オイリー肌になります。

また、乾燥対策のコスメもつけすぎると逆効果です。肌の一番外側の角質細胞はある程度の乾燥状態で自然にポロリとはがれます。クリームを塗りたくると剥がれ損ねた角質が、ザラツキや粉吹きの原因になるのです。

このふたつを中断して、『素肌力』を回復させるのが肌断食です。

実行するのは、メイクをしないでも済む週末がベスト。これならば高校生や大学生、社会人を問わず行えますね。

夜は石鹸で泡洗顔するだけで、化粧品を付けないで、朝も少なめにして金曜日夜から日曜日までを過ごしてください。

特別な準備は全く必要ありません。

肌断食は肌の状態を回復させるだけではありません。

肌断食は、スキンケアへの思い込みもリセットしてくれます。

肌断食明けには、「意外と私の肌って自分の力で潤うんだ」「ダブルの洗顔をやめただけで、毛穴の黒ずみが消えた!」とうれしい発見があるはずです。

こんな風に今までの思い込みをリセットしてくる良い機会なのです。

さあ今週末には、肌断食にチャレンジしてみてはいかがですか

肌断食をしているときは、インナーケアを行うと良いでしょう。

身体の中からしっかりとセラミドやヒアルロン酸、コラーゲンを補給しておきましょう。

 

肌トラブルがある人は原因を知るチャンスです

肌がピリピリして、つっぱる・・・・このようなトラブルは化粧品の成分に対するアレルギーの場合もあります。このような方は肌断食を行い、再開するときは、注意しながら再開してください。

まず、化粧品成分の何がトラブルの原因かを突き止めるため、肌断食をします。肌断食後、成分がシンプルな低刺激なものからつけ始めます。化粧品メーカーも1社に決め、使う化粧品は、2~3日にひとつずつ増やしていきます。その過程で、肌がピリピリする、突っ張るなどの状態に戻ったら、その化粧品に原因となる成分が入っている可能性があります。

化粧品で、アレルギーのようになった時、他の薬物アレルギーや食品アレルギーなどのように慌てる必要はありません。

アレルギーになった理由が何かがわかれば、それを排除すればよいのです。
その原因とは、化粧品を変えたせいなのか、生理中だったのか、精神的に悩んでいた時なのか、特殊なマッサージやパックをした時なのか、ちょっと振り返ってみるといつもと、何かが違うのかもしれません。

単なる睡眠不足であっても肌は、敏感に反応してしまいます。

アレルギーは一般的に体力が低下しているときに起こりやすく、睡眠不足や精神的に悩みが多かったりすると起こりやすいものです。
アレルギーに気が付いたときには、できるだけ早く洗顔をしてください。洗顔後は何もつけないで、そのまま24時間過ごしてみましょう。
すぐに薬を付けて治したいのは、わかりますが、それでは原因を追求することができません。どの化粧品、どの成分でアレルギーを起こしたのか、ひとつずつ確かめてみることが先決です。
■肌断食をしている時こそ、体の中からしっかりとケアしてあげましょう。
肌の外部からは、なんの刺激も与えず、肌本来が持っている保湿機能や修正機能を回復させるために、何もしないのが肌断食です。
その一方で肌の内部からは、しっかりと必要な成分を補ってあげてください。
肌の内部からは、こちらのサプリメントがすごくおすすめです。
それが「マスターホワイト」です。

うるおい(水分)を逃しにくくし、バリア機能(保湿力)を高める肌への効果が認められたサプリメントです。

というのも「マスターホワイト」は、パイナップル由来のグルコシセラミドを配合する機能性表示食品として、消費者庁に受理されたサプリメントなのです。

■セラミドに特化したサプリメントならば、インナーサプリメントの王道でもある大正製薬のアルフェシリーズをおすすめします。

『アルフェグレイスモイスターナル』の公式サイトはこちら

参考までに・・・・

肌断食だけでなく、プチ断食でも肌がきれいになります。

プチ断食をすると、肌がみずみずしく潤って、シミやそばかすも薄くなります。
断食には、美容効果もあり、赤ちゃんみたいな肌になります。

今やブームとなり、ハリウッド女優などの海外セレブも実践している断食ですが、流行している理由のひとつとして、美容効果を実感できることがあげられます。

実際、断食を経験した人の多くが、「赤ちゃんのような潤いと透明感が生まれた」と肌の変化を実感しています。

アメリカで断食病院を設立し、多くの難病患者を救ったハーバート・シェルトン博士は、「断食によって皮膚は若々しくなり、肌ツヤがよくなり、目は生き生きとし、表情が良くなる」と発表しています。断食の美容効果は、医学的にも証明されています。

断食によって、デトックス効果が高まると、体内の毒素が排出されて腸や血管がキレイになります。すると、血流の流れが良くなり、全身に栄養が行きわたれうように。その結果、肌の血色も良くなり、それまで気になっていたシミや、そばかすが目立たなくなるのです。

 

 

 

販売士サクラックの雑記帳
美容液をたくさんレビューしています
販売士サクラックの雑記帳
美容液をたくさんレビューしています
タイトルとURLをコピーしました