痩せ体質づくりは睡眠と冷え予防で美肌を整える

その他

どうしても太ってしまう体質の人は、その体質を変えればいいのです。

痩せすぎて、肌に栄養がいかないのも良くないのですが、太りすぎて肌が荒れたり、ニキビができる人も多いのです。

太る体質の人は、頑張ってダイエットをして痩せたとしても、リバウンドで太ることがあります。

太る人の特徴のひとつに、睡眠時間が少ない人が多いのです。睡眠時間が少ない人ほど、肥満になる傾向があります。

睡眠不足になる人の多くは、夜遅くまで起きていたり、忙しくて徹夜続きになることで、ついついお腹がすいて夜遅くにご飯やお菓子を食べてしまうのです。

睡眠不足を解消することで、余計なカロリーを摂取せず、綺麗にダイエットもできるし、美肌効果もあります。

痩せ体質になるには、上手に睡眠をとることです。

上手に睡眠をとるために、これだけはやってはいけない・・・という事があります。

寝る前の2~3時間前は、激しい運動をしてはだめです。軽いストレッチくらいなら問題ないのですが、激しい運動は避けましょう。
寝る前のお酒とカフェインを含んだ飲み物を飲むことは、避けた方がいいですね。お酒は、眠りを浅くして、お酒が覚めるころになると、目も覚めることがよくあります。またビールなどをたくさん飲んだ時には、トイレも近くなりがちです。

コーヒーは飲み方によっては美肌効果があります。コーヒーに含まれるポリフェノールは、冷え性の改善の役割を果たします。またメラニンの生成を抑えてくれ、高い抗酸化作用があるので、シミの元になるメラニンの生成を抑えてくれます。体がさびないように美肌をサポートしてくれる効果があります。毎朝のコーヒーは効果的です。

これだけを注意するだけで、夜はぐっすりと眠ることができます。

それでも、寝る前には、いろんなことを考えてしまい、なかなか眠れないこともあると思います。

そんな時は、ラベンダーの香りを部屋に漂わせ、ラジオやFMなどを聞きながら眠るとスーッと眠りに入ることができることもありますのでお試しください。

自分の努力だけでは、どうしても眠ることは無理、という人は、睡眠薬などの薬ではなく、サプリメント(健康食品)を飲むといいと思います。

■よく眠れるサプリメントは、こちら

■夜の22時~2時の間は、お肌にとってもゴールデンタイムとなっています。

しっかりとケアしたお肌を休ませてあげてください。

この時間に睡眠をとることで、たくさんのホルモンに影響があるので、この黄金の時間帯は、できるだけ睡眠時間にあててください。

太らない体質作りには、使い切れないカロリー(体脂肪)をためないことです。

自分が使い切れるカロリー以上の食べ物を体の中に入れてしまうと使い切れないカロリーが、体脂肪となるのです。

夜寝る前に食べたものは、ほとんどが使い切れないカロリーとなります。

太りやすい体質になると、エネルギーが効率よく消費されず、基礎代謝も悪くなります。

エネルギーが必要な時に食べ物を食べなかったらどうなるのでしょう。確かに体重は減るかもしれませんが、長い目で見るとあまり良くないことなんです。

食事を食べない時間が続くと、身体は少ないエネルギーで生命を維持するために、「省エネモード」になってしまい、エネルギーがある時でも、エネルギーを使わないような体になってしまうのです。

これでは、エネルギーが余ってしまい、体脂肪へとなってしまうのです。

睡眠時間が不規則だったり、食べたり食べなかったり、食事の量を極端に少なくしたり、多くしたりすると手足が冷えたり体温が低くなってきたりしますので、ご注意ください。

ここまでのことを考えると、食べ物を食べる⇒効率よくエネルギーに変えてあげる⇒体に余ったエネルギーを残さない、という事が大切なのです。

睡眠をしっかりと摂り、身体がきちんとエネルギーを消費する習慣を覚えてくれれば、「痩せ体質」へと変わっていきます。

体が冷えると、自律神経の働きが鈍り、血管が収縮して、血の巡りが悪くなり、冷え性や肌荒れに影響があります。

睡眠と共に美肌に大切な事は「冷え」から体を守ってあげることです。

血液の循環をスムーズに行ったり、内臓の温度を保つ保温は一般的には36.5℃といわれています。これよりも体温が低下すると、内臓機能が低下し、ホルモンバランスが崩れてしまい、痩せ体質の維持やお肌のサイクルも狂ってしまいます。

なんと内臓温度が1℃低下すると、基礎代謝が10%以上も低下するといわれています。

血管内の血流が悪くなると、お肌への栄養も滞ってしまい、新しい肌組織が形成されにくくなり、結果古い角質だけがどんどんたまり、新しい角質ができないんです。

これがくすみやシミの原因になります。

身体を温めるためには、やっぱり入浴です。

シャワーでは体の芯まで温めることは難しいと思います。

湯船にしっかりとお湯をためて、いつもより少し熱めの温度のお湯で、胸が隠れる程度~肩くらいまでのお湯を張りましょう。

そこに市販の入浴剤を入れてもいいですね。

入浴後はしっかりと水分を摂ることを忘れずに。お風呂に入っている途中に白湯を飲むのも効果的です。発汗が促されて、内臓も温まり、さらに発汗効果が良くなります。

しっかりと睡眠をとることと、身体を冷やさないことが、痩せ体質をつくり、美肌効果にも影響があることを覚えておいてください。

 

販売士サクラックの雑記帳
美容液をたくさんレビューしています
販売士サクラックの雑記帳
美容液をたくさんレビューしています
タイトルとURLをコピーしました