身体ニキビの特徴 ニキビは顔だけじゃなかった

20代以下

恋愛をしていると、顔の吹き出物やニキビがすごく気になることはありませんか?

にきびケアのためには、しっかりと顔を洗うことが重要になります。
きちんとにきびのケアをするためには、正しい顔の洗い方で、顔の皮膚を清潔に保つことが大事です。
正しい方法で洗顔をすることで、にきびをケアすることができます。
手に多くの雑菌がついていては、意味がないので、顔を洗う前に、しっかりと手を洗いましょう。ぬるま湯を使って洗顔をすることも、にきびのケアには欠かせないことです。
毛穴を開かせ、皮脂汚れを落としやすくするためには、ぬるま湯が最適です。
冷水では毛穴がキュッと引き締まって、汚れ落ちが悪くなります。
熱すぎる湯での洗顔は、保湿に必要な油分まで失ってしまいます。事前に濡れたタオルをレンジで温めておき、蒸しタオルをしばらく顔に押しあてることで、毛穴を開かせると顔が洗いやすくなります。
洗顔は泡を使って行いますので、洗顔料は十分に泡立てて、きめ細かな泡をつくります。
泡を顔の上にのせるようにして、優しく顔を洗います。皮脂汚れができやすい額や小鼻は特に念入りに洗い、にきびを防ぎましょう。
顔をすすぐときも時間をかけて、ぬるま湯できれいに洗い流します。
洗顔料の洗い残しは、にきびケアの大敵です。
シャワーをつかって流水で洗い流すという方法は、にきびには刺激が強すぎるようです。すすぎが終了したら、こすらないように気をつけて、タオルでそっと水分を吸収させていきます。
お肌にダメージを与えず、にきびをふやさないような洗顔をすることを、目標としましょう。

若い頃ならともかく、お化粧をするように、その都度ニキビができていると、ほんといやになってきます。

しかも1個消えては、また1個。時期や周期によっても現れできます。
ニキビって顔だけのものかと思っていましたが、実は、体のあちらこちらにできるんです。
胸元、背中、たまに頭皮などです。これらに共通していることは皮脂成分の分泌が多いところです。
身体にできたニキビは、なかなか治りにくくて、すぐに痕がのこっていしまう印象はないですか
背中にできたニキビは、なかなか自分で見ることもなく、人前にさらすこともないので、気になら無いので、「処理・処理・治療」もすべて後回しになってしまします。
本来ならば、背中をはじめ顔以外に大部分は、顔に比べて、皮膚の再生が遅いために、傷や痕が残りやすいのです。
背中や体のニキビは放置せずにできるだけ早く治療を始めましょう。
背中にできたニキビは、「治りそう」と思っていてもなかなか治らないのが特徴です。治療をせずにそのままにしておくと、次から次に新たな、ニキビができています。

この背中ニキビは、ニキビの中でも治りにくいのも特徴のひとつなんです。

その理由は、背中は汗をかきやすいのに、こまめに拭くことができない。
肌のターンオーバーが遅い。塗り薬を塗っても、服に付きやすいために、患部に薬がとどまらない。自分で薬を塗りにくい、産毛が濃いなどがその理由です。
背中の産毛を脱毛したらニキビができにくくなったという人もいるくらいです。
さらに、ニキビが治ったとしても、色素沈着が起きやすいのも背中んです。これは背中が茶色い色素が残りやすい部分だからです。

ニキビケア商品最も有名なのがプロアクティブですね。
しかし、ここではあえて、あまり世の中には知られていない、ニキビ用洗顔石鹸をご紹介してみようと思います。
その名も「Non A」
渋谷美容外科クリニックが販売協力してくれている、ニキビ専用の石鹸です。
1個のお値段が2,940円と少し高く感じられますが、効果はあります。
日本人の肌に合わせて作った石鹸なので、顔にはもちろん背中ニキビにも効果を発揮します。この石鹸ひとつで、体全体を洗うことができます。
それでもニキビが治らないという方は、一度治療も考えた方がいいかもしれません。

東京イセアクリニックではニキビ治療 を行っています。

こちらのクリニックの特徴は、定額で治るまで治療をし続けてくれることです。
「治るまで」通えるプランがあるという事です。
まで何をやってもニキビが減らなかった人には、もってこいのプランですね。しかも安い。
時期にもよりますが、1ヶ月無料トライアルをやっている時期もありますので、そちらは、ホームページでご確認いただけます。
ニキビは覆っておくとケロイド状になったりします。
これは、その人の体質にもよりますが、もしケロイド体質の方がいらっしゃいましたら、できるだけ早く治療を開始した方がいいです。
背中ニキビなので、あまり人に見られることもないし、治療も後回し・・・なんてことを言っていると後で後悔するかもしれません。
タイトルとURLをコピーしました