PR

女性のゆらぎ解消!20代から始めるエクオールで美と健康を手に入れる

20代以下

女性の健康をサポートする「エクオール」は、何歳から摂取できるのでしょうか?

若い世代でも安心して飲むことができるのか、気になる方も多いかもしれません。実際のところ、20歳から30歳代でも問題なく摂取できます。

エクオールは大豆イソフラボンの代謝物であり、1〜2日で体から排出されるため、体内に蓄積されることはありません。

そのため、長期間摂取しても体に負担をかけることはありません。

もちろん、40代や50代以降の更年期にも効果が期待できる成分ですが、20代や30代でも健康的な生活習慣をサポートするために積極的に摂取しても問題ありません。

エクオールの摂取タイミングは、体の不調を感じた時や健康維持のために適切な量を摂取することが大切です。

蓄積されることがないため、若いうちから摂取しても体に害があるわけではありません。安心して摂取して健康をサポートしましょう。

◆>>>40代~50代の女性特有のお悩みに「キレイ・デ・エクオール」

◆>>>エクオールサプリ「ノムダス」

◆>>>更年期のストレス・疲労・睡眠に!GABA機能性サプリ【ベルタエクリズム】

エクオールは、若いうちから飲むことで女性のゆらぎに悩みが解消される可能性があります。

ただし、妊娠中や乳幼児、小児の場合は、安全性に関するデータが不足しているため、避けるべきです。これはそれぞれの体にとって危険だからではなく、ただ単に情報が十分に揃っていないからです。

日本人には、「作れる人」と「作れない人」がいます。

腸内環境によってエクオールの量が影響を受けることが多いため、「食生活が影響しているのではないか?」と考えられています。

大豆をよく食べる日本人の約半数がエクオールを作ることができるとされていますが、エクオールを作れるからといって、摂取しないで良いというわけではありません。

腸内環境や食事、ストレスなどによって体内のエクオール量は変化するため、足りない場合は補填することが重要です。

エクオールは、大豆イソフラボンに含まれるダイゼインが腸内細菌によって変換されます。

腸内細菌が正常に働いているかどうかが重要であり、腸内細菌の有無よりも働いているかどうかがポイントです。

エクオールを作れる人と作れない人の特徴は、腸内環境によって左右されることが挙げられます。

エクオールを生成する能力のある人の特徴

・大豆、納豆、野菜、きのこ、海藻、穀物、魚、緑茶などの食品を積極的に摂取している

・運動習慣を持っている

・十分な睡眠をとっている

エクオールを生成できない人の特徴

・喫煙習慣がある

・飲酒習慣がある

・外食が多い

・便秘や多い排便を抱えている

エクオールの不足を感じている方には、+kampoのエクオール バランスビューティがおすすめです。

 

1日3粒で10mgのエクオールを摂取できます。

この量は女性のバランスをサポートするための推奨量です。

また、日本では唯一のフアイア®︎を含む商品でもあります。

フアイア®︎は、Trametes Robiniophila Murrというキノコの菌糸体から抽出されたもので、体のバランスを整える成分で海外でも高い評価を得ています。

この他にも、ハトムギやクコシ、ベニバナなどの食品漢方成分だけでなく、ビタミンAやビタミンB1・B2など10種類以上のマルチビタミンも含まれています。

+kampoでは40代や50代の女性向けに更年期やPMSなどの女性ホルモンに関連する症状に対するカウンセリングや漢方薬の提供、オリジナル漢方製品の開発も行っています。

エクオール バランスビューティは、コストコオンラインでも購入可能なので、コストコ会員の方はぜひチェックしてみてください。

エクオールを摂取するのは40〜50代の女性だけでなく、20〜30代でも気軽に試すことができます。

エクオールは大豆イソフラボンの代謝物であり、1〜2日で体外に排出されるため、負担が大きいということはありません。

体調がすぐれないと感じたら、エクオールの不足が原因かもしれません。そんな方はぜひ、エクオールが10mg含まれる製品を試してみてください。

◆>>>40代~50代の女性特有のお悩みに「キレイ・デ・エクオール」

◆>>>エクオールサプリ「ノムダス」

◆>>>更年期のストレス・疲労・睡眠に!GABA機能性サプリ【ベルタエクリズム】

 

タイトルとURLをコピーしました