毛穴に詰まった角栓は、ピーリングで除去しましょう

30代

そもそも「角栓」ってなんでしょう

角栓とは、毛穴の中の角質と皮脂が混ざったものです。

毛穴が目だって嫌だという人もいるかもしれませんが、毛穴の数は、生まれた時から変わりません。

毛穴が目立つということは、毛穴の大きさの問題なのです。毛穴の数は同じでも、毛穴が大きく開いていれば毛穴は目立ち、毛穴がキュッと引き締まっていれば毛穴は、目立ちにくいのです。

毛穴が目立つのは、毛穴が大きく開いているからなのです。

毛穴が目立つだけならいいのですが、皮脂が酸化して肌を刺激し、角質を厚くするなど、毛穴の出入り口が詰まると、皮脂が出て行けず、中で炎症を起こし、ニキビになってしまいます。

角栓が、毛穴を詰まらせるのです

この角栓を取り除く方法は、大きく分けて、3つあると思います。

最も手軽で、効果があるのが、ピーリングです。肌の表面の古い角質を落とすことで、角栓を取り除きやすくします。ただし、ピーリングだけでは、角栓を根こそぎ取るのは、難しいです。しかし、この方法が他のふたつと比べても一番安心できるし、肌には良いと思います。

2つ目は、クレンジングオイルでのマッサージです。油の汚れは脂で溶かします。
しかし、長い時間マッサージするのは禁物です。植物オイルと洗浄成分で肌を痛めてしまう危険性があります。角栓がポロポロと出て来ないからと言って、しつこくマッサージするのは禁物です。

3つ目は、指での押し出しです。少し前に注目された手法ですが、角栓を確実に除去できる反面、テクニックが必要で難しいです。でもこれは、あまりお勧めしません、自己流だとどうしても効果が出るまで、効果を追求してしまうのです。効果を追求することでやりすぎます。

 

クレンジングオイルでのマッサージと、指での押し出しは、美容専門家によっては、おすすめしていません。

もし、毛穴をキレイにしたいのであれば、ピーリングを使うのが最も理に叶っていると思います。

毛穴は、拡大もすれば縮小もします。

詰まった毛穴には、角栓がパンパンに詰まっています。

これを取り除くと毛穴を押し広げている「邪魔者」がいなくなり、毛穴は自然に小さく縮むようになります。

この時、毛穴を引き締めるローションや皮脂をコントロールする美容液を使えばさらに毛穴が小さくなるのをスピードアップすることができます。

一度きれいになった毛穴も、汗や脂ですぐにまた汚れてしまいます。毛穴汚れを溜めないように、毎日のクレンジングや洗顔は、徹底してください。せっかくキレイになったのにもったいないですよ。

角栓は大きく育てて収穫するよりも、小さいうちに摘み取ってしまった方が、毛穴を広げません。

クレンジングの際に、指先で肌の周りの毛穴の汚れを軽く揉みほぐすようにマッサージするだけでも効果的です。

毛穴をキレイにした後は、毛穴に汚れをためないことです。そのためにも週に1回のピーリングをおすすめします。

※年齢によるたるみ毛穴は、ピーリングによって解決しません。肌の老化によるたるみ毛穴は、保湿と、リフトアップで毛穴のたるむスピードを遅くすることができます。

私のおすすめのピーリングジェルはこちらです。

面白いほどポロポロ角質が取れるピーリング!【薬用リメンバーリンクスホワイト】

リメンバーリンクスホワイトジェルには 角質を柔らかくするフルーツ酸が配合されています。 年齢を重ねると角質は硬くなりますが、 フルーツ酸で角質を柔らかくすることで優しくピーリングすることができるのです!

薬用リメンバーリンクスホワイトの公式サイトはこちらです

タイトルとURLをコピーしました