美肌のためにも腸内フローラを整えましょう

20代以下

20代女性は、便秘からくる肌荒れで悩む人も多いんですよ

そもそもどうして便秘と肌荒れが関係するのでしょうか。

便秘とは「3日以上排便がない状態」または、「毎日排便があっても残便感がある状態」のことをいます。

普通、排便は、1日1回~2回です。

便秘になるとどのような症状が出てくるのでしょう。

便秘になると、肌荒れや免疫力の低下、ガスがおなかに溜まり張ってきます。

お腹が張ってくると痛くなるだけではなく、なぜか頭痛がひどくなったりもします。(これにはちゃんと理由があります)

便秘の原因に、ダイエットするのも、ひとつの原因となることがあります。ダイエットのために食事量を減らすと、当然便の量も減ります。この時は低カロリーで食物繊維の多いものをしっかり食べることを心がけ、できるだけ「食事の量」は確保してください。

食物繊維は、「水溶性」と「不溶性」と2種類の食物繊維がありますが、「水溶性食物繊維」を摂る方が良いです。理由は水溶性食物繊維ならば腸への刺激が強すぎないからです。

脂質もゼロにしてしまうと、腸管の滑りが悪くなるので、適度に摂ることが必要です。

ダイエットのために食事を減らすと、食事に含まれていた水分量も減ってしまうので、不足した分は、補ってあげなければなりません。水分が足りないと便秘の原因になります。

その他に便秘の原因としては、ストレス、運動不足、睡眠不足などがあります。体内のリズムが崩れることで便秘の原因になります。

スムーズにダイエットするためにも、便秘を解消する事は重要です。

便秘が続くとなぜ肌荒れを起こすのでしょう。

便が長期間、大腸内に留まっておくと、便の腐敗が進んで「悪玉菌」が増えてきます。

この悪玉菌は、腸内のタンパク質を腐敗させ、有害物質(アンモニア、アミン、フェノール、インドールなど)を作り出します。

 

この有害な物質は、どこへ消えていくのでしょう。

正解は、一度体内に吸収されてから、血液を通じて全身へと流れていきます。

腹痛だけでなく頭痛の原因もここにあるのです。

血液の一部は汗となり、肌の表面へと出てきます。

その時汗の中に含まれている有害物質が刺激となり肌荒れを起こすのです。

便秘をすると、確実に肌にも影響があるのは、このためなのです。

さらに、有害物質は肌のターンオーバーにも影響を与える可能性が指摘されています。

もしそうならば、健やかな肌の生まれ変わりが妨げられることになります。

いつまで古い角質が肌にとどまり、透明感のきめの細かい肌になる事は、難しいですね。

肌が生まれ変わらないことで、乾燥もひどくなり、肌トラブルを起こしやすくなると考えることができます。

このように便秘は肌に影響するのです。

20代では、特に自律神経が原因の便秘も多いようです。

20代では、まだまだ元気だと思っていても、便秘からくる免疫力低下、精神的ストレス、睡眠不足が原因で、便秘になることが多いんです。

そんな時は、軽い運動を続けることをお忘れなく。

ちょっとしたストレッチ、体操、散歩など5分~10分程度で良いので続けてみてください。

人と会って、しゃべって、笑ってストレス解消も必要です。気持ちを明るくしてくれるので、心のエイジングケアになります。

音楽や映画を鑑賞したり、コンサートに出かけるのもいいでしょう。心が揺れ動くような感動も大切です。

何かを好きになることで、心がときめき体もワクワク動き出します。

そうすることで、精神的ストレスや睡眠不足を解消できます。

便秘にとってもう一つ大切なことは、「イライラしない」「怒らない」という事です。

怒りはすべての面でマイナスにしか働きません。シワも増えますよ。

便秘を解消するには、腸内フローラを整えるのも大事なことです。

便秘気味になるとどうしても「悪玉菌」が増加してきます。

そんな時は、腸内フローラが乱れている時です。

腸内フローラは、個人によって全く違います。また体調や生活環境、、食事、年齢環境などによっても変わってきます。

もし腸内環境を整えるサプリメントを飲むならば、いろんなサプリメントを試した方が良いですよ。

その中から自分に合ったサプリを早く見つけるべきです。「あの人には効果があるけれど、この人には効果がない」といった具合に、サプリメントは相性があります。

理想の腸内フローラ

理想の腸内フローラは、善玉菌、悪玉菌、日和見菌(善玉菌、悪玉菌の優勢な方に味方する菌です)の3種類です。理想的な「腸内フローラ」の状態というのは、善玉菌2割:悪玉菌1割:日和見菌7割というバランスです。

この割合を保つことで、便秘の解消、血流アップ、ダイエット効果、若返り効果、睡眠の質のアップ、免疫力のアップ、自律神経のバランスの正常化などが期待できます。

特に女性にとっては、「身体を冷やさない」「妊活」にも繋がります。

腸内フローラのバランスを整えるためには、まずは、乳酸菌や、ビフィズス菌などの善玉菌を増やすことからです。

次に善玉菌を増やしていくための、善玉菌のえさとなる、オリゴ糖を摂取することです。(乳酸菌やビフィズス菌ばかり摂っていてもダメなんです!!)

軽い運動をすることで、腸が活性化しさらに良いです。

20代だからこそ、腸内フローラを整えておくことで、いつまでも美しい肌を維持することができます。

腸内フローラのバランスを整えるのには、サプリメントが最もお手軽で効果的です。

 

 

販売士サクラックの雑記帳
美容液をたくさんレビューしています
販売士サクラックの雑記帳
美容液をたくさんレビューしています
タイトルとURLをコピーしました