20代のお肌は元気いっぱい!! 元気な時にしっかりケア!!

20代以下

「老化のトラブル回避は、20代から」・・・って本当?

老化のトラブル(目じりのシワ、たるみ、肌のくすみなど)が目立ち始める時期は人それぞれ。

そうかといって、40代、50代で使うような、老化トラブルを防止する化粧品を20代で使い始めても良いのでしょうか。

40代以降のコスメには、アンチエイジングの要素がふんだんに盛り込まれています。

つまり、栄養分や油分がたっぷりと含まれているという事。

まだ若くてピチピチしている肌は、栄養分や油分には困っていません。

それどころか逆に多すぎて、ニキビなどができるほどです。

そんなお肌に、40代以上の方が使用する化粧品・コスメを使うとどうなるでしょう。

栄養分や油分が多すぎたりして、シミや大人ニキビなどの肌トラブルのもとになることもあります。

20代で気を付けたいのは紫外線

うっかり日焼けをしても、肌トラブルもなく、戻りが早いのが20代です。

だからといって、予防もしないで、紫外線を浴びるのはちょっと危険なんです。

日焼けをした後。元通りになったと思っても、肌細胞は紫外線によって傷つけられています。それを繰り返していくと、ダメージが少しずつ蓄積されて、最後にはシミになって肌表面に現れて来るのは、なんと数年後の話なんです。

30代になって、シミに泣かないためにも、20代では紫外線対策をバッチリとしておくことをおすすめします。

対策として、最も簡単でおすすめなのが、下地やファンデーションに紫外線カットの効果があるものを選ぶことです。そうすることで、年間を通じて、日焼けを防ぐことができます。

屋外で過ごすことが多い人や、紫外線の強くなる初夏から秋にかけては、最高レベルのSPF50+・PA++++の日焼け止めを使うと良いですよ。

 

20代で万が一シミが出始めたという方は、集中美白で迅速に対応しましょう。

まだまだ間に合います。

毎日、見ている自分の顔ですが、シミは、ある日ふと鏡を見ると現れているのを発見します。

何気なく自分の顔を見ていては、なかなか気づきにくいものです。

もし、あなたがシミを見つけたらば、集中美白でシミに対処しましょう。

今なら十分に間に合います。

シミを発見したら、まず最初にメラニンの生成を抑えて、これ以上増やさない処置が必要です。

美白成分が入った美容液やクリームを朝晩のケアに追加するだけで、メラニンをコントロールすることができます。

「美白成分」は厚生労働省によって明確に定義されています。その定義は、「メラニンの生成を抑え、シミやそばかすを防ぐ、あるいはこれに類似した効能があると認めた成分」であることです。

現在では、そのような成分が約20種類「美白有効成分」として認可されています。

■代表的な美白成分

・ビタミンC誘導体
メラニン生成の予防とターンオーバー正常化によるシミの予防。できてしまったメラニンの色素沈着を防いでくれます。一方で肌を乾燥させやすいので、保湿はしっかりと。

・トラネキサム酸
もともと医療現場で止血剤や抗炎症剤として使われていた成分です。皮膚の中で過剰なメラニン生成をしている「炎症状態」にあるメラノサイトを鎮める効果があるといわれています。

・アルブチン
過剰なメラニンの生成を阻害してくれます。シミやくすみを予防する効果が高い成分です。

・コウジ酸
日本酒づくりの職人さんの手が白くて美しいことから発見された日本の美白成分です。シミだけでなく肌の透明感が無くなり黄色っぽくなる「黄ぐすみ」にも効果があるといわれています。

その他にも
・エラグサン
・プラセンタエキス
・リノール酸
・ハイドロキノン

などの成分があります。

美白有効成分には3つの働きがあります

働き①
メラニンの生成を抑制する⇒シミを予防する
メラニンを作る働きを抑制してシミを作らせない

働き②
メラニンの色素還元⇒シミを薄くする
黒いメラニンの色素を白くして、シミを薄く見せる

働き③
メラニンの排出促進⇒シミを追い出す
肌のターンオーバーを促し、皮膚に溜まったメラニンを排出します。

美白有効成分は、成分の種類によって、働き①~③の違いがあります。

例えばビタミンC誘導体であれば、働き①~③のすべてをケアしてくれますが、プラセンタエキスでは働き①と③だけになってしまいます。

だからといってプラセンタエキスが悪いわけではありません。

あくまでも「美白」に関してですので、プラセンタは、美白成分以外にもビタミンやアミノ酸を多く含んでいるので、「エイジング・乾燥・肌荒れケア」まで幅広く活躍してくれる優れた成分なんです。

このように成分によって、効果も違うので、今一番ケアしたいことを中心に考えて、コスメを選ぶと良いと思います。

補足説明

美白成分が含まれているどのコスメを選んでも良いのですが、相性や効果が出るまでには、2~3か月は使い続けなければわかりません。

少しでも効果を早く手に入れたければ・・・・

化粧水・美容液・乳液にそれぞれ違った美白成分が含まれているものを使用してみるというのもひとつの方法です。

・化粧水⇒ビタミンC誘導体
・美容液⇒プラセンタ
・乳液⇒トラネキサム酸

といった具合に複数の美白成分をスキンケアに取り入れることで、スピードアップします。

 

 

コメント

販売士サクラックの雑記帳
美容液をたくさんレビューしています
販売士サクラックの雑記帳
美容液をたくさんレビューしています
タイトルとURLをコピーしました