30代のお肌の手入れ方法 ~10年後も美しい肌のために~

美容液

目元や口元、額のしわが気になり始めたり、頬にハリがなくなってきていませんか。

10年後に今の状態の肌を保つためにどのようなお手入れをすればいいのでしょうか。

みんな何かが不足していたり、何かが間違っていたりしています。

あの時〇〇をやっておけばよかったと、後悔しないためにも、今やっておかななければならないスキンケアについて、少しお話します。

今の状態の肌を10年後も維持しようと思えば、いろんなスキンケア商品を試したり、価格の高いスキンケア商品を使ってみたりするよりも、確実に日々のスキンケアを行うことが、一番の近道です。肌が急にきれいになったりすることはそう頻繁にあるわけではありません。そのような「奇跡」には、期待しない方が良いかもしれません。

30歳になると、シミや目元のシワなどが気になり始めます。さらに毛穴の悩みも増えてくるのも30代です。

中には、20代前半と比べて、輪郭のゆるみやほうれい線などの下降線が出始めたのに気付く人もいます。

そんな時いろんな化粧水や美容液を試してみるけれど、いろいろありすぎて正解がわからないという状況に陥ります。

新しい美容液を使ってみて、すぐに効果が出た時はこの化粧水、美容液は、自分に合っているなと感じるでしょう。また1ヶ月後や1本使い切ったころに効果を実感する人もいるでしょう。

明らかな変化や効果が出た時は、その後の変化にも期待しいます。

でもスキンケアは、薬ではありません。

もともと即効性があるものではありません。自分に今、使っている化粧水や美容液があっているのかどうかを判断する基準は、潤いが持続したり、テカリにくかったりキメがふっくらする実感があって、肌にトラブルが起こらなければ、今使っているスキンケアコスメは、あなたに合っているのです。

ずっと同じコスメを使うのも楽しくないので、季節の変わり目には新しいコスメに挑戦するのも楽しいかもしれません。初夏には、美白や日焼け止めの効果のあるものを、秋には乾燥に気を使い、保湿成分が多く含まれているものを選ぶと良いと思います。

新しい化粧品を購入して、毎日使っているけれど、イマイチ実感がわかないという方は、1回に使ってみる量を思い切って2倍に増やしてみると良いと思います。

使う量を倍に増やすだけでもぐっと肌の質感が良くなります。

多くの人は、夜のスキンケアを重視しています

夜のスキンケアも確かに重要なのですが、夜のスキンケアのあとは、寝るだけです。逆に朝のスキンケアの後は、活動している時間帯は、紫外線や外気の乾燥などの刺激が多いので、しっかりと潤いを重ねて肌を守る必要があるのです。夜は、潤いを維持する程度に軽くお手入れするだけで十分なんです。

でも、朝は時間的に余裕がありませんよね、だから、すべてを一度に終わらせるのではなく、朝食の前に化粧水、朝食後に美容液という風に合間合間でスキンケアを行うのも効率的な時間のつかいかたのひとつなのです。

ちょっとしたことだけどたるみ毛穴の予防やケアには、食事の選び方にコツがあります。刺身より干物、肉団子より鶏モモ肉など歯ごたえのあるものを選べば、自然と顔の筋肉が鍛えられます。顔の筋肉は、とにかく動かすことが一番老化防止になります。太いストローを使って飲み物を飲む動作だけでも口輪筋が刺激され、たるみやほうれい線のケアに繋がります。

30代なら悩みに合わせた美容液を使った方が良い

まずは化粧水やクリームを使い、アイケア、アイクリームを取り入れ、まだ余裕があるのであれば、自分に不足しているものを補ってくれる美容液を購入すると良いと思います。

来る40代に向けて、30代ならばもう少しお手入れに頑張った方がいいのかもしれません。10年後はすぐにやってきます。

化粧水や保湿クリームの塗り方にこれといった決まりはありませんが、効果的な塗り方はあります。

是非参考にしてください。

◆化粧水の塗り方

化粧水は、手で塗ると手のぬくもりにより、よく浸透します。1度塗りで済ませるのではなく、2回は塗ってよいと思います。そうすることで、きめが整い、潤いが続く肌になります。

手のひらをくぼませ、化粧水をこぼれない程度にたっぷりとります。両手を合わせて広げます。

まずは頬を包み込むようにしてなじませ、Tゾーンやあご、目元、口元などにも丁寧に塗ってあげましょう。

手に余ったものを首筋に伸ばしてあげます、これをもう1回繰り返します。

◆保湿クリームの塗り方

冬場は乳液より肌の乾燥を最小限に抑えてくれるクリームを使うのがおすすめです。クリームだと顔のエリアごとに塗る量を変えることができるのもポイントです。

クリームは最低でも直径1㎝以上は使ってください。

乾燥しやすい頬にはしっかりとたっぷり塗ってあげます。あまったらTゾーンに薄く塗ります。あまり多く塗ると、テカってしまいます。

顔全体に塗り終えた後は、頬を両手で包み込んで肌に密着させます。

目元にも是非アイクリームを使用することをおすすめします。目元のシワはできやすく、一度できるとなかなか消えません。そのまま放っておくととシワがどんどん深くなって、取り返しのつかないことになってしまいます。
目元のシワは、年齢以上に老けて見られることがあるので、要注意です。逆に目元にシワがなければ若く見られます。

補足説明

余裕があればUVケアも取り入れてみてください。

UVケアは冬もできるだけ取り入れて紫外線ダメージを防ぎましょう。
肌の老化の原因の8割が紫外線だといわれています。化粧水やクリームをたっぷり塗った後、仕上げに冬も日焼け止めを使いましょう。首にも塗ってシワも防ぎましょう。その時は忘れがちなうなじもしっかりとケアしましょう。

 

販売士サクラックの雑記帳
美容液をたくさんレビューしています
販売士サクラックの雑記帳
美容液をたくさんレビューしています
タイトルとURLをコピーしました