化粧水のつけ方、効果アップのコツ 、うるおい肌になる化粧水の使い方

20代以下

化粧水の正しい使い方は、化粧水の説明書通りに使用することです。

何はともあれ、まず最初にいいたいことは、紫外線をたくさん浴びた肌は、ほてった状態なんです!

紫外線を浴びることがなくても、乾燥している室内で過ごしていれば、肌の表面は、水分が奪われて、乾燥してあまり良い状態とはいえません。

そんな時にまずやらなくてはならないことが、肌への水分補給です。

自宅でほっと一息つく前に、まずクレンジングをして洗顔をします。その後、化粧水(美白化粧水だとさらに良いです)をコットンにたっぷりとつけ、顔全体をやさしくパッティングしていきます。

コットンに化粧水をたっぷりとしみこませてローション(化粧水)パックを行うのがポイントなんです。このローションパックを毎日行うだけで、確実に肌の状態が変わってくるのがわかるはずです。
3分以上おこなうとかえって乾燥させてしまうこともあるので注意です。

最近では、ターンオーバのサイクルがいろんな要因で長くなってきたといわれています。その分不要な角質が残ってしまう問題が発生します。

この不要な角質は日常の洗顔などで十分に落ちるのですが、無理には落とさない方が良いという意見もあります。無理に角質を落とさないことで、よりよい角質を育てるという考え方もあるようです。

顔は、ひじやひざや足裏とは違って、紫外線ダメージが大きい部位なのです。まだ育ちきっていない肌(角質)を露出させることで、さらにダメージを与えてしまう可能性もあるというのです。

肌の調子がイマイチと感じた時は、肌の保水力が落ちて、保湿が足りていないことが大半です。

寒い季節になると、肌の乾燥が気になる原因は主に3つあります。まずは、暖房や乾燥した外気によって肌の水分が奪われてしまうこと。そして、マスクを着用しているときに外すと、内部にこもった湿気が一気に外に抜けてしまい、肌が急速に乾燥してしまうこともあります。

そんな時に便利なのが、ミスト化粧水です。乾燥した肌にさっとスプレーするだけで、潤いを与えてくれます。

■>>>オーストラリア発オーガニックコスメ「ジュリーク」の【ローズミスト化粧水】



いろんな化粧水を使っているにもかかわらず、肌の調子が上向かなかったり、化粧水の効果が感じられない人は、「薬用」の化粧水を使うといいと思います。

「薬用」とは「医薬部外品」の部類に入る化粧品です。

薬事法によって「医薬部外品」を認められた効果効能を表示できて、しかも化粧品と同様の使用目的を持つことができます。

化粧水の種類には、保湿化粧水や美白化粧水、収れん化粧水、ふき取り化粧水などの種類があります。

■保湿化粧水
乾燥を防ぎ、肌にうるおいを与えてくれる効果があります。保湿成分としては、さまざまな成分があり、自分の肌に合う保湿成分を見極めることが大切です。また季節によって、保湿効果の強弱をつけることができます。
■美白化粧水
シミやそばかすなどの紫外線によるトラブルを予防する効果があります。保湿ももちろんですが、紫外線の強い時期にだけ、美白化粧水を使うこともおすすめです。
■ふき取り化粧水
肌に残った余分なもの(残ったメイク、皮脂の汚れ、古い角質など)を取り除いてくれます。きれいな肌になるので、その後の美容液や乳液の浸透力も上がり、ブースター的な役割もあります。洗顔時に肌のザラツキが気になった方は、週に1回の定期ケアとして、使うのもおすすめです。

洗顔後の肌は、乾燥しやすいうえに、水分不足となっています。肌は、すごく水分を欲しています。効率よく保湿するためにも、洗顔後には、できるだけ時間をおかず化粧水をつけるようにしましょう。

化粧水は、時間をかけて、肌にたっぷりと水分を与えるために上から下へ、内から外へと肌を持ち上げるようになじませていきます。

手で直接つけるときは、どうしてもつけムラができることもあります。塗り忘れの部分がないように、気をつけましょう。

手を使って化粧水をつけることで、手温によって、化粧水の温度が上がり、より肌に浸透しやすくなります。化粧水は、温かい方が浸透率が上がるものです。また肌に直接触れるので、肌状態の異変には、気が付きやすくなります。

コットンを使って化粧水を塗るときは、コットンと肌との摩擦に気を付け、化粧水は、たっぷりと使って肌に染み込ませましょう。

化粧水を肌となじませた後は、最後に手のひらでしっかりと顔全体を覆い、化粧水を再度なじませてください。

化粧水を使用した後は、化粧水後の肌の状態に合わせて、美容液や乳液を替えてみたり、調節することが、保湿ケアをより一層効果的にします。

■>>>>>もうムズムズ・ガサガサ肌で悩むのは終わりです。保湿に特化し潤いを逃さない『みんなの肌潤ろーしょん』をお試しください

化粧水のつけ方、効果アップのコツ 、うるおい肌になる化粧水の使い方

化粧水はスキンケアの基本ですが、正しい使い方をしていますか? 化粧水のつけ方にはコツがあります。

正しい使い方をすれば、肌のうるおいやハリがアップし、肌トラブルを防ぐことができます。

逆に、間違った使い方をしてしまうと、肌にダメージを与えたり、化粧水の効果を半減させたりすることになります。

そこで、今回は化粧水のつけ方のコツと、うるおい肌になる化粧水の選び方についてご紹介します。 私自身も化粧水の使い方を変えたことで、肌がきれいに改善された経験がありますので、そのエピソードもお伝えします。



化粧水のつけ方のコツ

化粧水のつけ方のコツは、以下の3つです。

  • 洗顔後すぐにつける
  • 手でつける
  • たっぷりとつける

まず、洗顔後すぐにつけることが大切です。洗顔後は肌が乾燥しやすく、水分が蒸発すると肌のバリア機能が低下します。そのため、洗顔後は30秒以内に化粧水をつけることが理想的です。化粧水をつけることで、肌の水分を補給し、肌のバリア機能を保護します。

次に、手でつけることがおすすめです。コットンでつける方法もありますが、コットンは化粧水を吸収してしまうため、肌に届く量が少なくなります。

また、コットンでこすってしまうと、肌に摩擦を与えてしまいます。

そのため、手でつける方法が肌に優しく、化粧水の浸透も高まります。手でつけるときは、手のひらに化粧水を適量とり、両手で顔全体を包むようにして、優しく押さえます。

目の周りや口の周りなど、乾燥しやすい部分は、重ね付けをすると効果的です。

最後に、たっぷりとつけることがポイントです。

化粧水は少量でいいと思われがちですが、実はたっぷりとつけることで、肌のうるおいが持続します。化粧水は肌に水分を与えるだけでなく、水分を保持する役割もあります。

そのため、化粧水をたっぷりとつけることで、肌の水分量が増え、肌のハリや弾力がアップします。化粧水をたっぷりとつけるときは、2回以上に分けてつけるとより効果的です。

1回目は肌に水分を与えるために、2回目は水分を保持するために、というイメージでつけましょう。

■>>>>>艶とハリのあるゴールデンダイヤモンド肌に導くファーストステップブースターウォーター

うるおい肌になる化粧水の選び方

化粧水のつけ方のコツを知っても、化粧水の選び方が間違っていては、効果が半減してしまいます。うるおい肌になる化粧水の選び方は、以下の3つのポイントに注意しましょう。

  • 肌タイプに合わせる
  • 成分をチェックする
  • テクスチャーを見る

まず、肌タイプに合わせて化粧水を選ぶことが大切です。肌タイプは乾燥肌、脂性肌、混合肌、敏感肌などに分けられますが、それぞれに合った化粧水を使うことで、肌のバランスを整えることができます。

例えば、乾燥肌の場合は、保湿力の高い化粧水を選ぶことがおすすめです。脂性肌の場合は、さっぱりとした化粧水を選ぶことがおすすめです。

混合肌の場合は、部分的に保湿力の高い化粧水やさっぱりとした化粧水を使い分けることがおすすめです。敏感肌の場合は、刺激の少ない化粧水を選ぶことがおすすめです。

次に、成分をチェックすることが重要です。化粧水には様々な成分が配合されていますが、その中でも特に肌のうるおいに関係する成分は、以下の3つです。

  • セラミド
  • ヒアルロン酸
  • グリセリン

セラミドは肌の角質層に存在する成分で、肌のバリア機能を強化し、水分の蒸発を防ぐ働きがあります。セラミドが不足すると、肌が乾燥しやすくなります。

そのため、セラミドが配合された化粧水を使うことで、肌のうるおいを保つことができます。

ヒアルロン酸は肌の真皮層に存在する成分で、水分をたくさん保持する能力があります。ヒアルロン酸が不足すると、肌のハリや弾力が低下します。

そのため、ヒアルロン酸が配合された化粧水を使うことで、肌のうるおいとハリを高めることができます。

グリセリンは肌の角質層に存在する成分で、水分を引き寄せる働きがあります。グリセリンが不足すると、肌がカサカサになります。そのため、グリセリンが配合された化粧水を使うことで、肌のうるおいを補給することができます。

以上の3つの成分は、肌のうるおいに欠かせない成分です。化粧水を選ぶときは、これらの成分が含まれているかどうかをチェックしましょう。

最後に、テクスチャーを見ることも大事です。テクスチャーとは、化粧水の感触や粘度のことです。

テクスチャーとは、化粧水の感触や粘度のことです。テクスチャーは、化粧水の浸透力や使用感に影響します。テクスチャーは、大きく分けて以下の3種類に分けられます。

  • さらっとした化粧水
  • べたつかない化粧水
  • しっとりとした化粧水

さらっとした化粧水は、水のように軽い感触の化粧水です。

肌にすぐになじみ、さっぱりとした使用感があります。さらっとした化粧水は、脂性肌や夏場など、肌がべたつきやすいときにおすすめです。

さらっとした化粧水は、肌に水分を与える効果は高いですが、水分を保持する効果は低いです。そのため、さらっとした化粧水を使った後は、乳液やクリームなどでしっかりと保湿することが大切です。

べたつかない化粧水は、さらっとした化粧水よりも少し粘度のある化粧水です。

肌になじみやすく、べたつき感がない使用感があります。べたつかない化粧水は、混合肌や敏感肌など、肌のバランスが崩れやすいときにおすすめです。

べたつかない化粧水は、肌に水分を与える効果と水分を保持する効果のバランスが良いです。そのため、べたつかない化粧水を使った後は、乳液やクリームなどで軽く保湿することがおすすめです。

しっとりとした化粧水は、べたつかない化粧水よりもさらに粘度の高い化粧水です。肌にとどまりやすく、しっとりとした使用感があります。しっとりとした化粧水は、乾燥肌や冬場など、肌が乾燥しやすいときにおすすめです。

しっとりとした化粧水は、肌に水分を与える効果と水分を保持する効果の両方が高いです。そのため、しっとりとした化粧水を使った後は、乳液やクリームなどでさらに保湿することで、肌のうるおいを長時間キープすることができます。

以上のように、テクスチャーは化粧水の特徴を表す重要な要素です。化粧水を選ぶときは、自分の肌タイプや季節に合わせて、テクスチャーを見極めることが大切です。

■>>>>>お肌の肌荒れを防ぐために開発されたスキンケアシリーズ

私の化粧水の使い方の変化とその効果

私は以前、乾燥肌で悩んでいました。肌がカサカサになり、メイクのノリも悪く、肌に自信がありませんでした。そんなとき、友人から化粧水の使い方のコツと、うるおい肌になる化粧水の選び方を教えてもらいました。それから、私は化粧水の使い方を変えてみることにしました。

まず、洗顔後すぐに化粧水をつけるようにしました。

以前は、洗顔後にタオルで拭いたり、他のことをしてから化粧水をつけていましたが、それでは肌が乾燥してしまうと知りました。

 

そこで、洗顔後は30秒以内に化粧水をつけることを心がけるようになりました。すると、肌がしっとりとして、化粧水の浸透も良くなりました。

次に、手で化粧水をつけるようにしました。以前は、コットンで化粧水をつけていましたが、それでは化粧水が肌に届きにくいと知りました。

そこで、手のひらに化粧水をとり、両手で顔全体を包むようにして、優しく押さえるようになりました。すると、肌に化粧水がなじみやすくなり、肌に摩擦も与えなくなりました。

最後に、たっぷりと化粧水をつけるようにしました。以前は、化粧水は少量でいいと思っていましたが、それでは肌のうるおいが持続しないと知りました。

そこで、化粧水をたっぷりとつけることを意識するようになりました。化粧水をつけるときは、2回以上に分けてつけることで、肌の水分量が増えることを実感しました。

また、化粧水の選び方も変えました。

私の肌タイプは乾燥肌なので、保湿力の高い化粧水を選ぶようにしました。成分もチェックして、セラミドやヒアルロン酸、グリセリンなどが含まれている化粧水を選ぶようにしました。テクスチャーも見て、しっとりとした化粧水を選ぶようにしました。

これらの化粧水の使い方と選び方の変化によって、私の肌は驚くほどに改善されました。肌がうるおって、ハリや弾力が出て、メイクのノリも良くなりました。

肌に自信が持てるようになり、毎日が楽しくなりました。


すぐできるスキンケア4つのこと

■帰宅したらすぐにクレンジングをすることが重要です。多くの方が帰宅後にご飯を食べたり、ゆっくりすることがありますが、私は必ずメイクを落とします。

外出していると、空気中のちりやゴミなどが顔に付着していることをご存知でしょうか?帰宅後もそのままにしていると、お肌にトラブルを引き起こす可能性があります。

汚れた顔はすぐにオフスキンケアを行いましょう。

■化粧水をたっぷりつけることも重要ですが、化粧水が浸透しなければ、お顔の上で乾燥しカサカサになってしまいます。

化粧水をつける前に、化粧水がしっかり浸透する導入美容液をプラスワンしています。

導入美容液はお化粧水がより浸透しやすくなるため、使用するかしないかで化粧水の浸透度が全く異なります。

私が使用しているのは、Yunthの生ビタミンC美白美容液です。化粧水の後でも良いですが、私はこれを導入美容液として使用しています。

■スキンケアで水分を補給することも重要ですが、外側だけでなく、内側からも水分を補給するように心掛けましょう。

お肌が潤いに満ち、変化を実感するためにも、水分補給の習慣を取り入れてみてください。常温の水をこまめに飲むことが大切です。

■普段の生活では、多くのことを考えて頭を使います。

しかし、そのままにしておくと頭や首が固まり、血流が悪くなり顔の血色感にも影響します。寝る前や入浴中に、頭や首のコリをほぐすことは非常に重要です。

私が現在使用しているのはETVOS/リラクシングマッサージブラシで、税込1,925円(公式サイト価格)です。このブラシはシリコン製なので、頭皮をマッサージすると痛みを感じずに心地よい刺激が得られますよ!

 

このブラシを使うだけで、少なくとも一つの変化が感じられると思いますので、ぜひ日常生活に取り入れて試してみてください♪



まとめ

化粧水はスキンケアの基本ですが、正しい使い方と選び方をすることで、肌のうるおいやハリをアップし、肌トラブルを防ぐことができます。

化粧水のつけ方のコツは、洗顔後すぐにつける、手でつける、たっぷりとつける、の3つです。化粧水の選び方のポイントは、肌タイプに合わせる、成分をチェックする、テクスチャーを見る、の3つです。

私自身も化粧水の使い方と選び方を変えたことで、肌がきれいに改善された経験があります。化粧水は肌のうるおいの源です。ぜひ、正しい使い方と選び方をして、うるおい肌を目指しましょう。

補足説明

メイクが一番きれいに決まるのは、化粧水を塗って10分ほど経過したくらいです。10分ほどたつと、お肌のキメが整い、細かくなるために、化粧のノリが良くなりヨレにくくなります。

化粧水は何も考えずに使うよりも、まずは目的や作用を知っているとスキンケアへの理解も高まります。

化粧水は洗顔後にすぐ使用し、ハンドプレスで肌に浸透させ、使用後は、乳液やクリームで蓋をして、水分を閉じ込めて下さい。

これも重要なポイントのひとつです。

■>>>>>オーストラリア発オーガニックコスメ「ジュリーク」の【ローズミスト化粧水】

 

タイトルとURLをコピーしました