目の下から頬にかけてのシミと毛穴の開きが気になります

40代

40代後半にあなると、シミが気になり始めます。

シミは、突然発生するものではなく、これまでに蓄積されたもので、陽にあたることで浮上してきたものだと思います。

シミは、一度発生すると、次から次に出てきます。出てきたときにしっかりとケアしてあげることが大切です。

シミには、ビタミンC誘導体を含んだ美容液がおすすめです。

 

シミの一番の原因は、紫外線です。シミ、シワに限らず、たるみや赤み、乾燥など、様々な肌トラブルの要因になるのが紫外線です。

紫外線を浴びると、肌を自ら守ろうとして、メラニン色素を放出します。

新陳代謝が活発であれば、真っ黒に日焼けをして終わりですが、加齢などで、代謝が鈍くなると、メラニン色素がスムーズに剥がれず、肌表面にとどまってしまいます。

それがシミになるのです。紫外線を浴びて、乾燥した肌には、シワがよりやすくなります。

シワや毛穴の開きの原因は、他にもあります。

ダブル洗顔、顔そり、ピーリング、ティッシュオフなど「顔に摩擦を与える」と肌は、自分を守ろうとして、硬くなったり厚くなったりして、次第に黒ずんできます。この黒ずみは、やがてシミになり、そして硬く厚くなった肌には、柔軟性が失われるために深いシワがよりやすくなります。だから肌への摩擦は極力避けるように、特に皮膚が薄い目元はやさしくケアしてください。

 

40代になるまでに、全くスキンケアをしなかった人が、シミやシワがあらわれ、慌ててスキンケアを始めるという事があります。これは、すでに手遅れの状態ですね。水分も栄養分も与えない長年の「手抜きケア」によって、肌の土台部分が空洞化しているため、地盤沈下が起きて、肌にシワがよったり、紫外線に負けてシミができてしまうのです。手抜きケアの代償は、想像以上に大きいので、20代のころからスキンケアを怠らないようにしてください。

何もしない手抜きケアの反対の「やりすぎケア」は、もっと深刻なんです。若いうちから、高機能化粧品を使い、ピーリングや美顔器を取り入れ、手をかけ過ぎることでかえって肌を疲弊させている人が多いのです。

肌は、「もうやめて!」というサインを、シミやシワという形で、サインを出してきます。肌は、自らきれいにする力を持っています。それをサポートするのがスキンケアです。

やりすぎという点では、洗顔のし過ぎにも注意が必要です。
過度な洗顔による「除去しすぎ」は肌を守ってくれる常在菌を減らし、やがてはシミ、シワ、吹き出物、ニキビ、乾燥といったトラブルを招くことになります。洗顔やクレンジングが残らないように、すすぎはしっかりと行ってください。

出産を機にシミが急浮上してきたり、ストレスでシミやシワが増えて、一気に顔が老け込む人がいます。
これはホルモンバランスの崩れによるものなのです。生理前にニキビや吹き出物ができるのと同じようなことです。やっぱりホルモンと肌は密接な関係があるんですね。この中でも出産や生理はある程度予測がつくので、水をたくさん飲んだり、きちんと休養を取ったりするなどして「予防」はしておいた方が良いですね。

 

シミとは直接関係ないかもしれませんが、深いシミ(くっきりしたシミ)は筋肉のたるみによるところもあります。意識して顔の筋肉を使うことをおすすめします。この時に顔とつながる首、肩、頭皮といった部分も併せてケアするのがポイントです、これらが緩むと連鎖的に顔がたるんでシワが寄ります。

シワのケアは、タイプによってお手入れ方法が変わります。比較的肌の浅い部分にできる規則正しい横ジワや小じわの場合は、主に「水分」を補うことでケアをすることができます、ローションパックや保湿系の化粧品を使い、水をたっぷりと飲むことを心がけてください。ちりめんジワの場合は、シワ開いて指先でポンポンと目元用の美容液を入れ込んでいきましょう。

不規則で深いシワの場合は、水分だけでは不十分なので、シワをほぐした後、美容液やクリームなど油分のあるものを付けて肌を滑らかにします。

週に1回は、スクラブ洗顔を行うことで、肌の表面の古い角質を取り除き、化粧水や美容液などが浸透しやすくなります。

スクラブのツブツブ感が気になる方は、洗顔料と混ぜて使うと肌触りが良くなります。

新しいシミを作らないために

新しいシミをつくらないために、また、今あるシミをこれ以上濃くしないために必要なことは、年間を通じての日焼け対策です。

若いころは、日焼け止めは夏しか使わなくても良かったかもしれませんが40代を超えたのならば、年間を通じて、使用してもいいともいます。

紫外線は、1年中降り注いていますし、室内にいても窓からはいある光で肌がダメージを受けることがあります。

SPF値は高いに越したことは、ないのですが、時にSPF値が高い日焼け止めを使うと肌が荒れるという人もいます。

やはり数値が高い事で、肌が製剤に負けたり、皮膚に厚い幕を張るので、肌に負担が価格恐れがあるためです。

日焼け止めのSPF値の低いものであれば、こまめに塗りなおすことで対応できます。

日焼け止めを年中塗るのが紫外線対策の必須ケアです。汗などで落ちやすいので、こまめに塗りなおす「ひと手間」を忘れずに。

下地クリーム+日焼け止め用クリーム(SPF)+リキッドファンデーションを混ぜてからつけると肌なじみが良いです。
しっかりと毛穴に入れ込むように、指先の腹で押し付けながら付けます。

シミやシワ、肌全体に言えることですが、地球環境の変化もあります。夏の暑さや紫外線は半端ではありません。特に紫外線は、年々確実に強くなっていると思いませんか?さらにエアコンの普及による屋外と屋内の温度差や、家の建材の変化など、私たちを取り囲む環境は、肌にとってとても過酷なことばかりです。

肌老化によるシミやシワを作らないためにも、早い段階での「予防ケア」をおすすめします。

 

販売士サクラックの雑記帳
美容液をたくさんレビューしています
販売士サクラックの雑記帳
美容液をたくさんレビューしています
タイトルとURLをコピーしました