【ちょっと気になる】寝ている間にきれいになる『夜美容』のすすめ

30代

「夜美容」は、夜寝る前に行うスキンケアのことで、肌老化を防ぎ美肌を作る最も効果的な方法です。



眠っている間に、肌を乾燥から守り、疲れた肌を新しい肌に生まれ変わらせることができます。特に20代後半から始まる肌老化には、「夜美容」が重要です。

肌の乾燥が気になり始めると、肌老化が始まっているサインです。

赤ちゃんの肌は70-80%が水分で満たされており、ハリと潤いがあります。

しかし、30代を過ぎると水分は50%まで減少し、この頃から肌の乾燥やかさつきなどの変化、つまり肌老化を感じ始めます。睡眠中の肌の修復をサポートするためには、「夜美容」が必要です。

30代以降、肌の生まれ変わりに時間がかかるようになり、肌老化が目立ち始めます。

さらに、肌の「ターンオーバー(細胞の生まれ変わり)」も遅くなる傾向があります。

20代半ばまでは、若い肌の細胞は約28日で古いものから新しいものに入れ替わります。しかし、ある研究によれば、30代では40-50日、50代では50-70日かかるようになるとのことです。

これは、肌の代謝を促進する成分である「ヒト上皮細胞再生因子(EGF)」が年齢とともに減少し、肌の再生能力が低下するためです。

このように肌の細胞の生まれ変わりの周期が長くなると、使い古された細胞が肌に残り続け、くすみや黒ずみ、しわ、乾燥などの肌老化の兆候が目立つようになります。

この2つの肌老化から大切な肌を守るためには、夜寝る前のスキンケア「夜美容」が必要です

その理由は、私たちの肌が眠っている間に、昼間受けた紫外線や乾燥による肌ダメージを修復しているからです。

ですから、睡眠中の肌メンテナンスをスムーズに行うためには、寝る前に肌にエネルギーをチャージしてあげることが大切です。

夜美容のポイントは、肌と体を「ほぐす」ことです。私が実践している「夜美容」では、「ソフトタッチ肌ケア」、「ゆるストレッチ」、「頭皮マッサージ」という3つのポイントを取り入れています。

タイミングとしては、ゆっくりお風呂に入って肌の汚れを落とし、血行も良くなって体が柔らかくなった入浴後が最適です。

まずは「ソフトタッチ肌ケア」から始めましょう。

肌は温かく滑らかな刺激を好みます。赤ちゃんや子供の肌に触れると、幸せな気分になったりしますよね。

また、ペットのふさふさの毛に触れることも癒されます。

一方で、ザラザラした固い感触や痛みが伴う触れ方には緊張が走り、ストレスを感じてしまいます。

ですので、温かくて柔らかい手で全身をタッチしましょう。

摩擦ダメージを避けるためにも、クリームやオイルを使うことを忘れずに!

ですから、「夜美容」のスタートは、自分の手をしっかりと保湿して温めた状態にし、全身を丁寧にタッチすることです。

私が実践している肌ケアは、マッサージという言葉を使いますが、力を入れずに、保湿成分をたっぷりと含んだクリームやオイルで全身の肌を包み込むことです。

次に、眠っている間の水分蒸発を防ぎ、全身に栄養を届けるために、肌に栄養を補給します。これにより、肌の表面から大切な水分が蒸発せず、肌の生まれ変わりをサポートします。

さらに、肌に心地よい刺激を与えることで、肌表面に存在する微細な血管の血液循環を改善し、栄養や酸素を適切に供給することができ、新しい細胞の生成に必要な材料を増やすことができます。

この方法のルールは非常にシンプルです。まず、温かさを帯びた滑らかな手で行うこと。

強すぎるマッサージではなく、優しく肌表面をなぞるように触れることが重要です。

そして、摩擦を避けるために、保湿成分やうるおい成分がたっぷり含まれたクリームやオイルを使用することです。これらの3つのルールを守ることで、睡眠中に美しい肌を育てることができるのです。

首や肩のストレッチも重要です

無理に伸ばそうとせずに、力を抜くことがポイントです。次に行うのは体をほぐす「ゆるストレッチ」です。柔軟にするのではなく、身体の緊張をほぐすことで、身体の血液やリンパの流れをスムーズにします。特に注意が必要なのは首、肩、股関節の3つの部位です。

具体的なストレッチ方法としては、まず腰を伸ばした状態で背筋を伸ばし、頭を上に向けてゆっくりと体を左右に傾ける「背筋ストレッチ」があります。

これにより、肩や首だけでなく、ウエストやお腹、股関節の凝りもほぐすことができます。

次に、ウエスト、お腹、股関節を伸ばすストレッチ方法も行います。

脚を軽く開いて座り、上半身を左右に伸ばす「開脚ストレッチ」です。このストレッチで、腹筋の力を利用することができ、お腹のぽっこりも解消できます。

さらに、女性に多い骨盤の中の凝りや滞りも改善してくれます。骨盤はしっかり立てた状態で毎日ストレッチを行うことで、骨盤の歪みや傾きを整えることができます。

最後に、「前屈ストレッチ」を行います。片脚を伸ばして座り、もう片方の脚を曲げた状態で、ゆっくりと上半身を前に折りたたんでいきます。背中を丸めずに、お腹を太ももに近づけるようにストレッチします。

これらの方法を試して、肌に気持ちの良い刺激を与え、血行を改善し、栄養の供給を促して新しい細胞の生成をサポートしましょう。

そして、首や肩のストレッチを行い、身体の緊張をほぐし、全身の血液やリンパの流れをスムーズにすることも大切です。この方法を日々続けることで、美しい肌を手に入れることができます。

反対側にも同じように行います。

最初は体が硬くて柔軟性に欠けていても、地道に続けることで徐々に開脚や前屈ができるようになります。

そのため、体の変化を楽しむことができます。

「枕の上で仕上げの頭皮マッサージ」とは、暗い部屋で行う頭皮マッサージのことです。

これにより、頭部と顔の血行が改善され、美しい肌を作るために睡眠中に効果が生まれます。最後の仕上げは、寝る前に頭皮をマッサージすることです。明るい照明や電子機器の光は消し、薄暗い環境で自由に行ってかまいません。

頭皮を軽くマッサージすることで、仕事の緊張やストレスで固くなった頭皮をほぐすことができます。その結果、血液の流れが改善し、肌や髪を作るための必要な栄養素が届くようになります。

優しく頭皮に触れながらリラックスして眠ると、次の朝は気持ちよく目覚め、全身の肌がしっとりと美しく生まれ変わっているでしょう。





タイトルとURLをコピーしました