食生活を改善して美肌を内側からキープしましょう

食事

肌を見るとその人の食生活がわかると言われます

肌は、食生活の鏡とよく言われています。内臓と肌には、密接な関係があり、腸の活動が悪くなると便秘や下痢をおこします。

同時に、ニキビや吹き出物が出やすくなり、肝臓の機能低下により毒素の排出が滞ると、くすみや肌荒れを引き起こします。

だからこそ毎日の食事は、お肌にとってとても大切なんです。

一生懸命スキンケアしているのに、イマイチ調子が良くならない。

美肌ケアは、スキンケアも大切ですが、体の中からきれいにすることも大切です。

まずは、食事でサラサラの血液を作り、栄養素を運ぶことを意識しましょう。

栄養のバランスを考えて、1日30品目を取ることがベストなのですが、30品目といわれても、どのようなものがあるのかピンときませんよね。

ざっくり挙げてみると、緑黄色野菜、淡色野菜、果物、豆、キノコ、乳製品、あとは、肉に魚です。

でも、1日30品目やっぱり難しいので、2~3日周期で、30品目を満遍なく食べることで、私は良いと思っています。

一番悪いのは、肉なら肉、野菜なら野菜と、偏ってしまうことが一番お肌にも悪いと思います。

特に美肌に必要なたんぱく質やビタミン類は、バランスよく食べてください。

全体の食事の半分がビタミンやミネラルが含まれる野菜、4分の1が肉や大豆などのタンパク質、残り4分の1が米や麺類などの炭水化物というバランスがおすすめです。

ビタミンは、野菜を中心に摂取することができます。

ただ、サラダや野菜ジュースばかり食べていると、「女性の最大の敵」ともいえる「冷え」を誘発してしまします。

身体が冷えると、血行が悪くなり、美肌のための栄養が血液によって届けられにくくなります。

そうなると、肌自体の新陳代謝が悪くなり、お肌のターンオーバーに影響してしまい逆効果になることも。

また冷えは、妊活をしている人にとってもあまりよくありません。

生野菜は、食べる量に対して、案外ビタミンCの含有量も多くありません。

どちらかというと、緑黄色野菜を食べた方が、ビタミンを上手に摂ることができます。人参、カボチャ、ホウレンソウなどです。

量をたくさん摂るためには、温野菜にすることで、かさを減らすことができます。温野菜だとビタミンを摂取できてなおかつ体も温まります。

不規則な生活もおすすめできません。

いつも深夜まで、お仕事で大変でしょうが、不規則な生活も肌の代謝を悪くします。添加物の多い食品も細胞が新しいものに生まれ変わりにくくなるために、肌の健康状態をどんどん悪くします。

美肌になるためには、規則正しい生活を

■朝は朝食を必ず取る
朝は、忙しくて朝食は抜いているという方も多いと思いますが、朝一番の食事は、内臓を動かしてくれるので、便秘には効果があります。ヨーグルトでもプリンでもゼリーでも何でもよいので、なにか口に入れてください。そして腸を動かしてやってください。

■1日3食は、できるだけ毎日同じ時間に食べる
毎日の食事を同じ時間に食べることで、内臓の機能が正常に働きます。できれば食事と食事の間は4時間開けてあげると良いです。食べ過ぎは、内臓機能の低下を引き起こすので、お腹いっぱいにせずにほどほどにしておいてください。アンチエイジングの効果が期待できます。

■寝る前の3時間前は、何も食べない
人が休むのは睡眠の時です。内臓も夜はゆっくりとしたいのです。寝ている間に内臓も休ませてあげて下さい。

 

肌に良い食材ってどのようなものがあるのでしょう。

■肌を構成するための基本的な栄養素は、たんぱく質です
・魚、肉、卵など

■肌のハリやツヤ、荒れた肌の修復に効果的な栄養素は、ビタミンやミネラルです。
・きのこ、野菜、海藻類

■肌の調子を整えるのは、女性ホルモンに似た大豆イソフラボンです。
・大豆、豆乳などの豆類

■繊維質が多い食材は、お腹の調子をスムーズにとってもヘルシーです。炭水化物の代わりにもなり、お腹を満たしてくれます。
・ナッツ類

■お腹の調子を整えて、腸内フローラを安定してくれます。免疫力を高めて、お肌の調子も上がるのは、発酵食品です。
・ヨーグルトや納豆など

■肌の酸化を防ぎ、いつまでも若々しい肌をキープするためには、カテキンやポリフェノールです。
・ワイン、お茶など

お肌に悪い食材もあります!!

激辛もの、揚げ物、アルコール、白砂糖、、添加物の多いスナックなどは、あまり多くとりすぎると様々な弊害が出てきます。

「糖化」により肌が固くなったり、肝臓に負担がかかり、肌トラブルを招き、刺激物は吹き出物の原因になります。

お肌に効果的な食材を積極的に取り入れることで、今あるお肌のトラブルや悩みを解決できるかもしれません。

補足説明

アンチエイジングに効果的なビタミンはビタミンACE

ビタミンAEC(エース)と覚えておいてください。
ビタミンA(人参・ほうれん草・始祖・レバー)
ビタミンC(フルーツ・ジャガイモ・レンコン・カリフラワー)
ビタミンE(ナッツ・玄米・ウナギ)

それぞれが、肌の粘膜を保護し、代謝を高めたり、メラニンの生成を抑えてくれたり、血管をきれいにと持ち保湿や老化を予防してくれます。

販売士サクラックの雑記帳
美容液をたくさんレビューしています
販売士サクラックの雑記帳
美容液をたくさんレビューしています
タイトルとURLをコピーしました